クラウドファンディングとはネット上で繋がりが出来るツール

スポンサーリンク




昔意識高い系だったりょうちゃんです。

こんな僕ですが僕は猛烈に人を応援したくなり、だれかを助けたくなる!!そんな男です。

僕は元々、教育学部で教師を目指して教師になったこともありました。あ!つまり聖職者ですね。
※自分で言うな!!

しかし、様々な挫折がありフリーランスになっちゃいました(^^♪

 

ある日女子高生みたいな手紙が来た

僕がいつものようにフラフラと家から帰ると僕のボロアパートのポストに可愛いお手紙が来ていました。

りょうちゃん
うっひょーーーー!!どこのピチピチギャルだ!!死語です

こんな可愛い便箋は可愛いに決まっている!!と思い速攻で開封しました

 

差出人は男性からでした!というか、リバ邸茨城さんからでした

🍀リバ邸茨城🍀
りょうちゃん
ちくしょーーー!期待させやがって!!

ん??でも読んでいるとすっげ!!心込めすぎ・・・

やべ!!泣けてきた・・・

そう、僕は元ホストの蓮さん、管理人ぷーさんの手紙を読んで泣いてしまいました( ;∀;)。

 

彼らの茨城での活動の細かい部分は分かりません。しかし手紙から伝わる、彼らの思いや頑張ってきた気持ち。

そして一番はこのリバ邸茨城を支援した人・・・一人一人へのお礼の気持ちが込められていました。
これ読んで泣かない漢はいません。

 

そもそもクラウドファンディングとは

不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語。

 

「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題を、こんなふうに解決したい」といったアイデアやプロジェクトを持つ起案者が、専用のインターネットサイトを通じて、世の中に呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法です!

 

 

僕がリバ邸茨城のプロジェクトに支援したきっかけ

リバ邸茨城の蓮さん、ぷーさん、りょうたさんが茨城でめっちゃ頑張っているのはツイッターで知っていました。

プロジェクトページもありますので見てください!

でも、僕はそもそも彼らのコミュニケーション、一人ひとりを大事にする姿勢に感動して支援しました。

最近はインターネットが発達してきました。

 

LINEで告白する高校生が増えたと聞きます。

しかし、リバ邸茨城の皆さんはとてもコミュニケーションをとってくれました。

暇さえあれば飲もう!!オンラインでもいいから話したい!!とツイッターで呼んでくれました。

僕も面白そうだからたくさん話しました。

人生のこと

恋愛のこと

下ネタ

僕自身のこと

彼らのこと

 

多くのことを日によっては3時間くらい語り合いました。

 

これからクラウドファンディングやる人へ

人間として好かれなければ絶対に支援はされない!ということです。

僕はりょうたさん以外、ほぼ会ったことないのがリバ邸茨城のメンバーです。

 

しかし、お金を出せたのは人として好きになれたからだと思います。

目の前の人を本気で向き合う!!まさに「現代の駆け込み寺」を運営するにふさわしいのが彼らです!!

 

今後も支援は必要になる彼らを助けたい!!と思いこの記事を書きました!!

僕はこのブログは自分自身の発信力を使いたいと思い今運営しています。

 

なので、彼らを助けたい!!いや絶対に大変な時はくると思いますので皆さん!!リバ邸茨城のツイッターをフォローして見守りましょーー!!

そしてSOSがあったら助けましょー!僕は助けます!!

人と人が助けあう!そんな社会を作るのはやはり「気持ち」だと思います。

 

彼らの手紙へのお返しです。